読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パス男の何でもかんでも

パス男の社会人生活に刺激を与えるように始めた、チャレンジブログ。

痔瘻になった!発症編

まずはいつ、あれ?と気づいたかですが、他の方のブログを拝見させて頂くと、ニキビみたいなとか、腫れて熱が出たとかありますが、パス男の場合も決定打は腫れでした。

 

調度、子供が産まれた二週間前から痒みがありました。嫁っちに「ムズ痒い!見て」と見てもらうと、見た感じでは何も無し。

気のせいかと思った一週間後に小さいシコリが肛門近くの奥の方にいるのを押すと確認できる。

 

そのうち治るかな!と思って生活しているうちに、子供が産まれた日に、自転車で病院に急いでる時に、「なんか痛い...それどころじゃない!」と急ぎ、なんとか立会いに間に合い、無事に産まれて良かったと家族で言っていた次の日。

 

「腫れて痛い!座ると痛い!」

 

シコリが腫れとる。

子供の面会時間前に肛門科に行きましたよ。

 

初の大人になって初の肛門科。

診察台に壁側向いて、おしりを出すと肛門に指を入れられて一周回す様に先生が見てくれます。

 

結果、「肛門周囲膿瘍」。

事前に調べていたので、やっぱりかって感じでした。

先生は「ちょっと1cmくらい切って膿を出すと楽になるけど、ちょっと来てもらわないとダメになる。」

と言われ、その頃は仕事が忙しかったので、診察時間には来れないと回答すると、抗生物質で叩いて見ましょう。との事で抗生物質をもらい帰りました。

一週間後に来てとの事でした。

 

これが、痔瘻との付き合いの始まりでした。

 

@pasuo

 

 

Copyright© pasuo. Allrights reserved.